在宅バイト,パソコン

まずパソコンを使う在宅バイトとなるとWEBデザイン・システム開発などがありますがこれらの仕事に関してはある程度のスキルが必要になってきます。基本的には会社に属してスキルを身に着けていく人もいますがほとんどの場合が専門学校や大学でその分野を学びスキルをつける人が多いでしょう。

そのような人であれば在宅バイトはすぐに見つかります。実際に会社によってはWEBの技術的な人員が足りていない会社も多いですし、人を雇う余裕がない会社などはインターネット上で仕事のできる人を探して契約したりします。

初心者に一番合っているパソコンを使う在宅バイトとなるとWEBライターが一番ではないでしょうか。ほとんど難しいスキルはいらず、パソコンを使って文字を早く打つ練習をしていけば自然と身についていきます。

WEBライターの仕事というのは基本的には文字数で金額が決まってきます。ライティングスキルが上がってくると1文字に対する単価も上がってきますので、とにかく書いて書いて継続していくのみです。最初はどんな文章を書けばいいのか?どんな構成にしたほうがよいのか?などと考える人が多いですが、あまり頭で考えずにとにかく手を動かしていきましょう。手が止まってしまうだけで自分の収入が減っていくと考えるだけでもどんどん手は動いていきます。

そうしているうちに文章力というのは自然と身についてきます。誰でも最初からスラスラ書ける人なんていません。有名なライターさんに関しても今までとにかく書いて書いて手を動かしてきたはずです。止まってしまう=自分の成長も止まってしまうと思えるぐらいスピードを重視して書いていきましょう。

ある程度のスピードがついて文章力が上がってくると1文字0.1円とかだったものが1文字1円ぐらいのレベルには上がってくるでしょう。1日1記事例えば10000文字の記事の依頼を受けたとしましょう。計算してみて下さい。1日1記事書くだけで月収が30万円となります。2記事書くだけで60万円です。

こういう世界です。

WEBライターとして実力をつけて稼いでいきたいのであればとにかく書いて書いて手を動かすことです。人は頭で悩んでしまったらその悩みが解決するまでずっと悩み続けます。止まらずに前に進んでいきましょう。