在宅バイト,時給,1000円

在宅バイトといっても種類は様々ですが、ほとんどが時給約500円ぐらいの仕事になるでしょう。梱包や簡単な作成作業でも個数での単価になってきますので、実際の時給に換算してみると酷い数字になるかもしれません。

しかし在宅バイトというのはまだその位置としかみなされてないという現状でもあります。在宅で好きな時間を使ってできるわけですからどこかに通う必要もなく気軽に始めることが出来ますのでそれなりの単価となってしまっっているのでしょう。

しかし考えてみて下さい。梱包や手作業の仕事に関しても仕事のスピードが上がればまず報酬の額が上がってきます。スピードを上げた次に進むステップは業務の効率化です。

ただスピードが早くなるだけでは正直誰でも出来ます。そこから商品の管理方法だったり発送方法だったりなどを少しでも効率化し、例えばパソコンのExcelを使ってみたりとか、スマホでも業務効率アプリというものも存在していますので探してみるのはありかもしれません。

女性の場合はライブチャットであれば時給1000円は優に超えてくるでしょう。ライブチャットを時給に換算してみると時給2000円〜5000円ぐらいはあると思います。アダルトのジャンルでライブチャットをやっている人なんてそれの2倍3倍、さらに人気の人でユーザーが多く集まっている人などは月収100万円を超えている人もいるみたいです。

話を戻しますが、業務の効率化のあとのステップとしまして、単価の交渉です。

もちろん単価の交渉を最初でしてしまったらすぐに切られてしまうリスクがありますので、しっかりコツを理解し、仕事のスピードが上がってきてから交渉しましょう。

例えば個数の単価で設定されているお仕事であれば、その単価を1.5倍や2倍で交渉してみるのがいいかもしれません。それだけでも単純に時給が2倍になるのと同じですから、交渉が成立知ればかなりの好条件かもしれません。

雇用主によっては一切交渉を聞いてくれないところもありますので相手を見ることが大事です。