在宅バイト,ライターまず在宅バイトとしてWEBライターをやるのは仕事をもらう雇用主をしっかり選ぶことがポイントとなってきそうです。

もちろんまっとうな会社の方が数的には多いと思いますが、やはり中にはブラック企業と呼ばれる悪質な会社なども多く存在しています。

例えば、WEBライターとして在宅バイト、好きな時間に出来ますのような謳い文句をしているけど、実際にやってみると「もっと書けないでしょうか」や「スピードを上げて下さい」のような注文が多くなってくるという体験をされた方もいらっしゃいます。

もちろん雇用主に言われていることなのでしょうがないことですが、その注文に対して自分が無理だと感じた時は雇用主を変えるかもっと自由に働ける場所を探すのがオススメです。

パソコンで文字を打ち込んだり文字を書くことが好きな人にとっては転職ともいえるWEBライターの仕事ですが、上記のようなブラック企業にだけは注意が必要です。上にあげたような例はまだいいほうで、もっとひどくなると書いた分の報酬が支払われなかったり、何かいちゃもんを付けて払おうとしなかったりと酷いところは本当に酷いという話も耳にします。

WEBライターを募集しているインターネット上のサービスも最近では多くなってきていますが、そのような正規な募集サービスの中にもブラック企業は潜んでいることもありますので気をつけなければなりません。

ですので最初は深く考えすぎないでとりあえずどこかに決めてライターとしての仕事を始めてみて、その会社や個人が自分には合わないなと感じたら変えていくぐらいの感覚でいいかもしれません。

もしWEBライターをするのであれば、WEBの知識も並行して学んでいくとかなり効率が良くなります。自分のブログやサイトを運営することになった場合でもすらすらライティングが出来るようになりますし、そこからアクセスが上がって来ればアフィリエイトを絡めて別の収入源を作っていくことも可能になります。

1つの事にとらわれずに視野を広げて他にもメリットとなる事を探していきましょう。